マスコミは一体どうしたいんだよ。
野党、首相発言を一斉批判=「高齢者侮辱」「生活見てない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000077-jij-pol



まーた始まった。マスコミのネガティブキャンペーン。
前後の発言までしっかり見たら、なんの問題もないじゃん。

以下、麻生発言。時事通信から引用。

 麻生太郎首相が25日に語った高齢者に関する発言の要旨は次の通り。
 どう考えても日本は高齢者、いわゆる65歳以上の人たちが元気だ。
全人口の約20%が65歳以上、その65歳以上の人たちは元気に働ける。
いわゆる介護を必要としない人たちは実に8割を超えている。8割は元気なんだ。
 その元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違って、働くことしか才能がないと思ってください。
働くということに絶対の能力はある。80(歳)過ぎて遊びを覚えても遅い。
遊びを覚えるなら「青年会議所の間」くらいだ。
そのころから訓練しておかないと、60過ぎて80過ぎて手習いなんて遅い。
 だから、働ける才能をもっと使って、その人たちが働けるようになれば納税者になる。
税金を受け取る方ではない、納税者になる。日本の社会保障はまったく変わったものになる。
どうしてそういう発想にならないのか。暗く貧しい高齢化社会は違う。
明るい高齢化社会、活力ある高齢化社会、これが日本の目指す方向だ。
もし、高齢化社会の創造に日本が成功したら、世界中、日本を見習う。
(2009/07/25-12:31)


↑むしろいい事言ってるだろこれ。




以下、麻生さんの功績コピペ。
【麻生氏が首相になってやったもの】
・一次補正(済み)
・金融機能強化法案関連(野党の参議院待ち)
・日本領海拡大(済み)
・国連演説
・ワープアを正社員にした場合の補助
・テロ特措(野党の参議院待ち)
・派遣法改正(野党の参議院待ち)
・IMFへ外貨準備高から10兆円貸し出し
(民主はなぜかこのドル不安の中で準備高削ってドル売り宣言)

・二国間の経済支援要請をすべて拒否、今のところアイスランドと韓国×
(民主IMF批判してたが、なぜか特定国への2国間支援表明)

・ASEAN+3の通貨スワップ拡大を話していくことで合意、つまり韓国支援なし
・空売り、市場監視等強化
・政府が銀行のマネーロンダリングへの対応の甘さを指摘
 その翌日から、数件の経済ヤクザの逮捕

・G7での行動指針採択
・G20にて金融市場の透明化で共同合意
・日印安全保障協力共同宣言
 (民主小沢は寝不足の為、シン首相との会談キャンセル
  <翌日青森で選挙の為の演説は実施>)

【安倍政権で行われ福田政権で止まっていたガサ入れ再スタート】
・朝鮮総連強制捜査(数十年脱税疑惑があったが放置されてきた在日商工会にメス)
・アーレフのガサ入れ
・革マル派の活動家ら11人逮捕
・大麻や麻薬等の摘発が増加 動いているのは厚生省の麻薬取締課、通称マトリ

【福田改造内閣幹事長時代】
・増税再建内閣に経済対策を持ち込む
・中小企業への銀行貸し出しに政府保証を入れる救済策(済み)



※その間にぶらさがり記者連中のやったこと

・ホテルのバーの値段を調べる
・カップラーメンの値段を調べる
・読み間違いを嬉々として報道し、間違いでは無かったことが判明して顔真っ赤。


-----------------------------------------------------------------------


麻生政権がただひたすらにそれだけをやってきた内外への経済対策を
どのマスコミも全く報道も検証もしない

給付金はばらまきだ、効果が無いと大宣伝してるが
給付金はあの時の予算案20兆のうちの1/10の2兆円に過ぎない

株価6000円台を記録したのに今は10000円に迫っている。
各種の早期経済指標は軒並み上向いてきており、景気の底打ちは明らか。
これは誰がどうみても麻生政権の大成果。

他国じゃ数十数百潰れてる銀行や金融機関も、日本では1個もつぶれてない。
麻生政権のやった中小企業保護策でどんだけの中小企業が生き延びたかも報道されない

派遣切りだなんだと麻生政権を叩くが、
改正派遣法の審議は一切せずに国会を欠席して廃案に追いこんだ民主党。
派遣村を作って大宣伝してたのは民主党だろ?
それで法案流して廃案は筋とおらんだろ

拉致被害者の会から送られたブルーリボン。
鳩山は1回も付けたことないですよね?
小沢:「カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」
岡田:「拉致被害者5人を北に返さないと政府が決める必要はない」

-----------------------------------------------------------------------



来月、ほんと選挙行くべき。
[PR]
by ysk-journalintime | 2009-07-25 21:46 | 雑記